読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ex-Berliner

主にドイツ史やドイツ旅行について描くブログです。

ヴィルヘルム2世最期の地・ドールン

 

前回の記事で亡命中のカイザーの動向について書きましたので、

それに関連して今回はもっと気楽な記事を書いてみたいと思います。

今回書くのは「ヴィルヘルム2世最後の地・ドールン観光レポ」です。

 

 

なるべく正確な情報を記すよう心がけていますが、

筆者のヨーロッパ旅行(2014年夏)での体験をもとにしているので

最新の情報は各自ご確認いただけると幸いです。

 

 

 

①カイザーのオランダ亡命について

ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は1918年11月、

第一次世界大戦での敗北が近づくとお召し列車に乗り、

最高司令部の置かれていたベルギー・スパからオランダへと亡命しました。

彼はその後ドイツに戻ることはなく、

オランダ・ユトレヒト州にある屋敷で家族や侍従に囲まれて過ごし、

第二次世界大戦の最中、1941年6月に亡くなりました。

 

ユトレヒトはオランダの中央部にある州。

ユトレヒト州には33の基礎自治体(Gemeenteヘメーンテ)があり、

そのうちドールン(Doorn)とアメロンゲン(Amerongen)に

ヴィルヘルム2世が亡命後住んでいた屋敷があります。

 

 

②アクセス方法

A19 地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2016~2017

A19 地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2016~2017

 

 

日本からは関空と成田からオランダ・スキポール空港へ直行便が出ています。

スキポール空港からドールンまでは所要時間1時間強ほどです。

 

オランダの交通機関の切符は全て

OVチップカードというICカードで兼ねられているのですが、

2、3日程度の滞在ならそれを買わずに普通の切符を買った方がお手軽です。

アムステルダム駅とスキポール空港駅でなら券売機でクレジットカードが使えます

(他の駅では硬貨しか使えない模様)。

 

スキポール空港は鉄道駅に直接繋がっており、交通の便がとても良いです。

 

主要都市間を走っているInterCityという快速列車の

ナイメーヘン(Nijmegen)行きに乗り、

リーベルゲン(Driebergen-Zeist)駅へ向かいます。

 

途中ユトレヒト中央駅を通過するので、

カイザー最期の地を訪れるのと同時に

ミッフィー生誕の地を楽しむのもいいかもしれませんね。

 

 

オランダ鉄道の公式サイトでルート検索ができます。

(英語に切り替え可能)

Home | NS

 

Driebergen-Zeist駅で下車したらバスに乗ります。

50番か56番のバスに乗り、15分ほど走れば

Huis Doorn(ドールン城)のバス亭に到着です!

 

バスでは、乗車時に直接運転手から切符を買うことができます。

○○までの切符が欲しいと言えば薄い紙の切符を売ってくれます。

オランダはまず間違いなく英語が通じるし、

私のガバガバイングリッシュでも通じたので恐れないで欲しい。

カイザー関連の史跡のガイドさんだとドイツ語も通じました。

 

56番のバスに乗った場合、

降りるバス亭はDoorn,CentrumではなくHuis Doornです!

こっちの方が入場チケット売り場(ミュージアムショップ併設)に近いです。

 

50番のバスに乗った場合Huis Doornに停車しないので

Doorn,Centrumで下車になりますが、少しチケットセンターから遠いです。

Centrumで下車した場合、

モダンな建物(調べたところ銀行だそうです)の横を通り過ぎ、

古めかしい門をくぐると、レンガに囲まれたドールン城の庭に入ります。

(人気がなさすぎて最初わからなかった)

少し歩くと右手にドールン城が見えるのですが、

チケット売り場は反対側にある守衛詰め所にあるので注意です。

私はそれを知らずに直接城へ向かってしまいました……

(ありがたいことにその場でチケット代を払うことで入場させて頂けたのですが)

Centrumで降りたら、ぐるっと庭の外の道路を回って

チケット売り場へ行った方がいいですね。

 

 

f:id:men3261:20170226182107j:plain

ここがドールン敷地内への正面入り口。奥にドールン城が見えている。

手前のレンガの建物 はチケット売り場兼ミュージアムショップ。

 

 

 

 ③ドールン城について

 

1920年に、同じくユトレヒトにあるアメロンゲン城から移動した後、

1941年に亡くなるまでずっとカイザーが住んでいたお屋敷です。

 

f:id:men3261:20170226173255j:plain

 

庭には厳めしい表情をしたカイザーの胸像、カイザーの霊廟、

愛犬たちのお墓があります。

 

f:id:men3261:20170226173411j:plain

 

 

通常は解説ツアーの形でしか屋敷内部を見学できないのですが、

第1・第3日曜日だけは自由に城内を回ることができます。

なので第3日曜を狙って行きました。

 

 

もう全てがカイザーです。

カイザーに関する解説、装飾品、勲章、軍装、お風呂、バスローブがあります。

(ただ、軍装に関しては所蔵しているもののほんの一部しか展示はしてありません)

私が行ったときは軍服ではなくセーターが置いてあって可愛かったです。

ドイツ国内でこんなにヴィルヘルム2世を全面に出した宮殿はありませんから、

カイザーファンにとっては夢のようなところでした。

左手を使うことのできないカイザーのために作られた、

ナイフとフォークが合体した食器具なんかも展示されています。

 

皇后アウグステ・ヴィクリアの寝室や二人目の后ヘルミーネのサロンなど、

カイザーの配偶者についての展示もたっぷりあります。

 

 

 

カイザーが鳩にエサをやっている写真でよく見る、ドールン城の正面階段。

ゲーリングがここから降りて行く写真もありますよね。

 

f:id:men3261:20170226173756j:plain

 

鳥にエサをやるカイザー:

File:Bundesarchiv Bild 102-11797, Doorn, Wilhelm II. beim Entenfüttern.jpg - Wikimedia Commons 

 

 


ドールン城は内部撮影禁止なのですが、

そのぶん公式サイトで室内が360°見渡せるようになっているのでお勧めです。

壁に飾られた絵画の解説もついており便利。

 

Museum Huis Doorn公式サイト(オランダ語・ドイツ語・英語に対応)

http://www.huisdoorn.nl/nl/

 

上記のサイトで開館情報がチェックできますが、

月曜と火曜は閉館しているので旅行の計画を立てる際は注意。

 開館時間は平日が13時~17時、土日が12時~17時です。

大人の入場料は12€。

 

カイザーのモノグラムが入ったグッズや

カイザーに関連する書籍が売られているミュージアムショップもありますし、

オランダとWW1について展示されたパビリオン(屋敷とのコンビチケットも有)

もあるので、いろいろ楽しめます。

 

 

④おまけ・アメロンゲン城

 

冒頭で書いたように、1920年にドールンへ引っ越す前のカイザーは

すぐ近くのアメロンゲン城に住んでいました。

公式サイト: Kasteel Amerongen, Het Kasteel

 

こちらもドールンと同じくDriebergen-Zeist駅から50番のバスに乗り、

Amerongen, Dorpというバス亭で下車します。

バス亭から少し歩くので地図上で位置をしっかり確認しておいたほうがいいですね。

(道路と住宅街以外に何もない感じの場所にあるバス亭だったので、

私は彷徨いながらなんとか城に着きました)

 

f:id:men3261:20170226180813j:plain

 

一度フランスによる侵略戦争で1673年に破壊されましたが、建て直され、

現在の形になりました。

ベンティンク伯爵の所有であったこの城に、カイザーは

1918年から1920年まで「賓客」という形で滞在しています。

後にベンティンク伯爵の子孫がこの城を売却し、

1982年からはStiftung "Kasteel Amerongen"(アメロンゲン城財団)が所有しています。

 

f:id:men3261:20170226180835j:plain

カイザーの書斎机!

 

 

この城は財団のプロジェクトによってピアノ演奏があったり

当時の衣装を着たパフォーマー?のような人がいたり、

知名度や規模はドールン以下のはずなのになんとなく賑やかでした。

こっちは写真撮影可だったのでいろいろ撮れて楽しかったです。

 

入場料はドールン城と同じく12€です。

入場すると、間取りと各部屋の解説が入ったボードを貸してもらえます。

 

 

⑤最後に

 

ドールンはスキポール空港からもアクセスしやすいですし、

主要都市ユトレヒトの近くなので、(ヨーロッパに行くお金と時間さえ確保できれば)

そこまで難易度は高くないかなと思いました。

ぜひカイザーファンの皆さんに訪問していただきたい場所です。

少しでもご旅行の参考になれば幸いです。

 

 

 (2014年末の冬コミで出した旅行レポの一部を加筆・訂正して記事にしています)

ヒトラーはドイツ皇帝の電報を無視したか?

 

 

Twitterでタイムラインを眺めていると、ときたま

電撃戦で次々とヨーロッパを征服するヒトラー

元ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世はドイツの勝利に有頂天となり、

ヒトラーに祝電を送るが無視される。」

というエピソードを目にします。

 

 

 

こんな風に「世界史面白ネタ」として人口に膾炙してるみたいです。

 

 

果たしてこの話は本当なのか?という検証から広げて、

ナチ時代の王族たち(ホーエンツォレルン家)について書きたいと思います。

 

 

 

①そもそもヴィルヘルム2世の送った祝電とは

 

まず、ヴィルヘルム2世がヒトラーに祝電を送ったというのは事実なのか。

これは、皇帝の侍従武官ジーグルト・フォン・イルゼマン(1884-1952)の回想録に引用があります。

 

www.amazon.de

 

また、ドイツの連邦公文書館にも保管されています。

Wortlaut des Telegramm-Wechsels Kaiser Wilhelm II. mit Adolf Hitler aus Anlaß der Kapitulation Frankreichs - Deutsche Digitale Bibliothek

 

 

von Ilsemann"Der Kaiser in Holland  Monarch und Nationalsozialismus 1924-1941"

345ページより 

 

「1940年6月17日

フランス陥落に深い感銘を受けながら、かのヴィルヘルム大帝の言葉で以って、

私は貴殿とドイツ国防軍全兵士に対し、神から贈られた偉大な勝利を祝する。

神の摂理によって何たる転機が訪れたことか。』

全てのドイツ人の心にはロイテンの勝利者にして、かの偉大な王を歌った賛美歌が響いている。

皆がただ神に感謝するように。

皇帝にして国王 ヴィルヘルム」

 

 

(※ヴィルヘルム大帝=ヴィルヘルム2世の祖父、ヴィルヘルム1世のこと。

※ロイテンの勝利者=プロイセン王フリードリヒ2世のこと。)

 

 

文中で引用されている

神の摂理によって何たる転機が訪れたことか。

という文章は、普仏戦争セダンの戦いの折にヴィルヘルム1世が残した言葉です。

ヴィルヘルム2世は自分の祖父ヴィルヘルム1世のことを大変尊敬していましたから、

その祖父の言葉やフリードリヒ大王まで引き合いに出されたこの祝電は、

皇帝としてかなり「大盤振る舞い」な内容だと言えると思います。

 

 

ちなみに、ヒトラーに電報を送ることについては、

皇帝の後妻ヘルミーネ・ロイス・ツー・グライツの進言がかなり影響を持っていたようです。

彼女は戦間期にも国内の右派と繋がりを持っており、

ゲーリングが皇帝の亡命地ドールンを訪れたのも、彼女の誘いによるものです。

 

 

 

ヒトラーからの返信はなかったのか 

 

ありました。

あっさりとイルゼマンの回想録に載っています。はい!検証終わり!

 

ジョン・レールによるカイザーの伝記の出典一覧によれば、

フライブルクの連邦公文書館軍事部門

(Bundesarchiv - Abteilung Militärarchiv (Abt. MA))に

マッケンゼン元帥の関連文書として保管されています。 

(Nachlass Mackensen N39/39

Kaiser Wilhelm II.: Bd. 1 - Deutsche Digitale Bibliothek )

 

上記引用同ページより

「1940年6月25日

フランスの降伏に際して、ドイツ国防軍と私とに

個人的なお祝いの言葉を頂いたことに感謝いたします。

私はこの勝利がまもなく、ドイツ民族の更なる発展の可能性を

ドイツ帝国に対して保障する戴冠式となるよう望んでおります。

 アドルフ・ヒトラー

 

 

皇帝が送った電報に比べるとずいぶんあっさりした文章です。

 でもヒトラーは皇帝を無視していません。

 

③そもそも、ヒトラーと皇帝の間にはそれ以外にも交流があった

 

以下、ヴィルヘルム2世研究の大家ジョン・レールの著作を引用しながら

補足していきましょう。 

 

Wilhelm II: Der Weg in den Abgrund 1900 - 1941

Wilhelm II: Der Weg in den Abgrund 1900 - 1941

 

”Wilhelm II:Der Weg in den Abgrund 1900-1941" 1319ページより、

ドイツの電撃戦が始まり、各国への侵攻が進むと、

ヒトラーは皇帝に対して 「非常に美しく、厳かな文体で」

ドイツ国内における滞在場所を選ぶように提案したそうです。

ヴィルヘルム2世はその誘いを感謝しつつ断りましたが、

皇帝の二人目の后ヘルミーネは次のような言葉を残しています。

 

「私は言わなくてはならないけれど、

1918年以来、今の寛大な総統ほどに、

ヴィルヘルムを重要なドイツの人物として扱ったものはいなかった。」

 

ヒトラーは皇帝を軽蔑しており、実際そのような態度を取っていた」

というような解釈(物語)を往々にして目にするのですが、

ヒトラーが個人的に皇帝を軽蔑しているのと、

「前体制のトップであるドイツ皇帝を形式の上だけでも重んじる」

のはまったく別のことです。

 

 

④おまけ

ホーエンツォレルン家とNSDAPの関わりについて、

事例をいくつか見てみましょう。

 

1.皇帝の四男アウグスト・ヴィルヘルムはSAに入隊しています。

(彼は皇帝の息子6人の中で、唯一NSDAPに入党した男子です。)

少なくとも1933年にナチが政権を獲得するまで、

彼はヒトラーの行くところ全てに同伴を許される

「特別扱い」を受けていました。

 

 2.ヴィルヘルム2世の孫(皇太子ヴィルヘルムの長男)は第二次世界大戦中、

フランスで戦死しています。

彼は貴賎結婚をしたことにより、ホーエンツォレルン家の家長を継ぐ権利は

放棄していましたが、

それでもドイツ国内の王党派にとっては大きな衝撃であり、

ポツダムで彼を悼む集会が開かれました。

これはナチ党主宰ではない集会としてはヒトラー統治下で最大のもので、

王族に人気が集まるのを恐れたヒトラーは、

これ以降王族には徴兵を免除するPrinzenerlassという制度を作り上げます。

 

これらの事例から、

「帝政復古を阻止するために、ナチスは前体制をうやうやしく扱った」

という側面も見えるのではないでしょうか。

 

 

⑤最後に自分の感想

ナチスについて(趣味の範囲で)考えるとき、どうしても

「ドイツに突如現れた不気味なもの」

「極端な思想・言動」

というイメージが先行しがちです。

それゆえ

ナチスなら慣習も無視して歯に衣着せぬ態度を取る」

=皇帝の電報も無視する というイメージが広まったのかな…と思いました。

しかし、ナチスは現実として(暴力的な手段を併用しながら)政権を奪取し、

1933年から1945年に渡ってドイツを動かし続けた訳ですから、

もちろんその中で「廃帝・王党派をどう扱うか」という課題にも

直面したはずです。

 

そういう細かい政治過程っていうか……そういうのが……

個人的には面白いと思ってるんで……

みんなイメージだけでガバガバなエピソードを語らずに

文献に当たってくれよなと思いました。閉廷!

 

 

 

最後に

Wilhelm II: Into the Abyss of War and Exile, 1900?1941

Wilhelm II: Into the Abyss of War and Exile, 1900?1941

 

 上で紹介した本の英訳がこちらです。

Kindleもあるので鈍器みたいな本を持ち歩かずにすむぞ!